FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ネパールに行ってきました(2017年10月15日~24日)

    ~みなさまのご協力ありがとうございました!~
     今年で6年目、6回目のアジア最貧国・ネパールへの訪問を10月24日無事に終え、帰国しました。
     今回行った時期は、大きなお祭りとお祭りの間の、世界に出稼ぎに行っていた人たちが帰国する時期にぶつかりどこでも大渋滞。国内線の飛行機が飛ばないなどアクシデントはいくつかありましたが、小学校とおたすけ隊への表敬訪問は、予定通り行うことができました。
     毎回違う小学校に、現地で購入したノート、鉛筆、定規等の文房具を入れた「ハッピーバッグ」を届けていますが、今回は、カトマンズから30キロ、車で山道を2時間のバネバ・カブレ村という場所の山の中腹にあるシャリ―プラブハット小学校に250個のハッピーバッグとバケツと掃除道具の合計10万円分の品物を届けました。
     この学校は公立ですが、政府が半分しか費用を出してくれなかったので、あとは村人たちがお金と力を出し合い教室を作りました。1年生から10年生まで250人がいますが、先生は14人、7人分の給料が出ていますが、残りはずっと村人たちが出しています。遠く2.5キロの山道を越えてくる子どもたちもいます。
     山の中腹の狭い敷地のため教室が足らず、1室を仕切りして2学年が使っているところもありますが、学校の雰囲気はとても明るく、先生はもちろん親たちも教育に熱心で(小さいうちから英語もばっちり習います)なるべく学校に行かせようと努力しているのがよくわかります。ここは見晴らしがよく、教室の窓から遠くの山々がきれいに見えます。みんな目をキラキラ輝かせとっても喜んでくれました。
     それからパタンという場所で長年、地道なボランティア活動をしている「おたすけ隊」の事務所を今年も訪ね、災害後の支援活動のために10万円を寄付しました。
     この寄付を利用し今回は、シンドバルチョーク郡バデガウンのシパティング小学校の生活困窮家庭の児童26名へ、奨学金として学校用品(洋服、靴下、鞄、傘、ノート、鉛筆、定規セット、ボールペン)を現物支給しました。
     この活動は、皆さまの金品のご寄付により、成り立っています。いつも本当に温かいご支援をいただき、ありがとうございます!!いつでも受け付けています(*^_^*) 
    スポンサーサイト

    トラックバック:一覧

    コメント:一覧

    コメントの投稿

    名前

    タイトル

    メールアドレス

    URL

    本文

    パスワード

    非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。